海外配送〜中国編〜

こんばんは。なかむらです。

前回に引き続き配送に関するお話を。

といっても、昨日突然突きつけられたばかりのお話なのですが、今回は中国に発送する商品についてです。

 

昨日、突然中国の税関当局が規約を改正したとのことで、従来受け取りがなかったものは返送されていたのですが、

新規約だと、受取拒否や保管期間が経過したものは処分されるそうです…

この規約も一方的なものらしく、問い合わせには返事が一切ないそうです笑

酷いですね処分って。でも中国だったら処分といって転売したりしそうだし、余計に信用無くすなーなんて思ったり。

他にも、書類に不備があった場合も処分なそうな…

こちらも、書類が揃っていてもあちらのさじ加減でとんでもない数の郵便物が処分されそうな気が…

 

韓国では日本製品の不買運動が広がっていていますし、韓国がこういったことをするならわかるのですが…

中国税関はどういう経緯でこんな規約にしたのでしょうか???

なんにせよ国からの指示があったのでしょう…

 

アメリカとの友好国に対する嫌がらせか、それとも韓国が北朝鮮に歩み寄っているので韓国の肩を持ったのか、はたまた両方か。。。

そこまで詳しいことはわかりませんが、とりあえず中国に商品が送りにくくなってしまったので皆様も中国に何か送ることがある際はご注意を…!

 

それでは。

 

新着情報はこちらから!

関連記事