ヒュッゲHYGGE を感じて暮らしたい

こんばんは。kuminkaでございます。

 

長いお休みだった方も、いつもより忙しいお仕事だった方も、ゴールデンウィークのお疲れは大丈夫でしょうか。

ここまで長いお休みは調子戻るのに時間掛かってしまいますね。

 

私は相方がGW中休まず仕事だった為、私もほぼ出勤しておりました。

会社の近辺で、常に何処かで動いている建築工事も長いお休みで、街もどっぷりお休みモード。いつもより静かに落ち着いていて、お陰様で仕事がはかどりました。

 

さて皆様、ヒュッゲという言葉を御存知でしょうか。日本でも結構前から言われていた様ですが、私は最近になってこの言葉を知りました。

 

「ヒュッゲ」とは、幸福度ランキングが常に上位の北欧の国、デンマークで培われてきた言葉では言い表しにくい概念です。

ほっとしてくつろげる時間、居心地がいい空間、家族や友人とゆったりした時間を過ごす事。

人それぞれの「ヒュッゲ」があると思います。心がゆったりと幸福になれる時間・・・

 

とにかく私はいつも時間に追われていて、毎日「ヒュッゲ」とは程遠い生活をしていますが、でも、諦めず「ヒュッゲ」を求める事にしました。

私にとっての「ヒュッゲ」って何?って考えた時、

””すっきり片付いた部屋で好きな家具に囲まれて、柔らかい光に包まれてゆったり本を読んだり、映画を観たり・・・””

・・を妄想しました。

 

これは何処かのお宅の落ち着ける空間の写真ですが、灯りがいいですよね。

先日観たTV番組で、北欧の方が、「日本は明るすぎる」と仰ってました。

なるほど、天井の蛍光灯は「ヒュッゲ」とは真逆にある気がします。

北欧の照明や家具がとてもお洒落なのは、人々の「ヒュッゲ」な生活習慣に根付いたものなんじゃないかと妙に納得しました。

 

私の家の灯りは、柔らかい色が好きなので、ほぼ未だ電球なんですが、キャンドルの灯りも「ヒュッゲ」にはもってこい、って事で、にわか「ヒュッゲ」を試みてみました。

 

玄関のカウンターにあるフラワーベースにキャンドルを灯してみると・・・

ゆらゆらと揺れる炎がほんとに心地よいです。何でもっと早くしなかったんだろう・・・ それこそが心に余裕ないって事です・・・残念な私でした。

 

 

先日、ある人に ””クローゼットはその人の生活を物語る・・・”” と言われ、

「仰るとおり、隙間なく詰まっている洋服達は、いつも時間に追われて余裕のない自分そのもの」

と、ちょっと恥ずかしくなり、目下、断捨離奮闘中の私ですが、たまりたまった家の中の不要物にさよならし、私なりの「ヒュッゲ」な生活を目標にゆっくり進みたいと思いました。

 

 

心地よい自分の為の ””お気に入り””

是非プレイフルPLAYFULで見つけてみて下さい・・・

 

 

 

関連記事