Laughter in the Dark

こんばんはもぎです。

先週末にこじらせた風邪が尾を引いており1週間たった今もズルズルしております。。
みなさまも体調にはくれぐれもお気をつけください。

とまあそんな中、以前先行抽選に外れ、ダメ元で一般応募して
奇跡的に当選したライブに行ってきました〜。

こちら!
タイトルでお察しの方もいるかもしれませんね、そう、宇多田ヒカルです〜。

あんましライブやるイメージがありませんが、ツアーはなんと12年ぶりとのことです。

安室ちゃんに続き例によって電子チケットなのでぼっち参戦です。

待ち時間も風邪のせいか頭がクラクラするのが
逆にトリップ感を誘発してなんとか乗り切ります 笑

こればっかりは行かないわけにはいかない。

そして始まったのですが、例によって、公演写真はお届けできないスタイルになるかと思いきや・・・

まさかの「全編撮影OK」(スマホのみ)

やっぱりやることが進んでますね〜。
今はSNSの時代なので、この手法は個人的に今後主流になると思っています。
この方が拡散してくれますしね。

途中寸劇のようなものもあり、(結構ウケてました)

一番近くにきた時は肉眼でもギリ雰囲気が見えました。

距離比較
左奥がメイン舞台、手前で3曲ぐらい歌ってくれました。

歌のことはあまりよくわからないので楽器目線でいうと
ちゃんとバンドセットで生演奏でやってくれたので、やっぱ生音は最高ですね〜。
(以前音源垂れ流し、歌もほぼ口パクの某アーティストのライブに行ってがっかりしたので)
演奏がほぼCDそのまんまでびっくりしました。
再現できるのか、あれ。

ライブ自体もこの辺りのクラスになると9割ぐらい聞いたことある曲で、
それが当たり前ってすごいですよね。

あんましライブやらないだけに貴重な体験でした〜。

新旧問わず色褪せない名作はこちら

関連記事